經濟新聞

旗幟廣告
把握經濟動向,及時發現新商機!!

きふきふ*ふるさと往來クラブ

旗幟廣告
買い物で社會貢獻するオンライン寄付サイト「きふきふ」で、NPO法人ふるさと往來 クラブの活動 を支援することができます。

地方信息專題

旗幟廣告
從東京到山梨縣無論是電車或汽車都能自啊兩小時內達到。說到山梨的魅力,不得不提到雄偉的富士山。

東方通信社發行 學苑報

旗幟廣告
面向中國國內大學,日語專業學生發放的免費雜志
Home China Online 中國雜志 中國國家地理
中國國家地理
中國國家地理 打印
2010-10-28 11:13
2010102801 《中國國家地理》
2010年第10
概要:
世界で初めて海を探索したのは中國人であった。しかも中國人は數百年の間、東方と西方を繋ぐ交通動脈を支配していた。その交通動脈は海上シルク?ロードである。東方の「海上馬車車夫」たちは先進的で綺麗な中國帆船で???
購読こちらへ




目次
第1部:嘗ての海

逝去する栄光

世界で初めて海を探索したのは中國人であった。さらに中國人は數百年の間、東方と西方を繋ぐ交通動脈を支配していた。その交通動脈は海上シルク?ロードである。東方の「海上馬車車夫」たちは先進的で綺麗な中國帆船で、一段落、一段落、富と文明の「海の伝奇」を書き続けてきた。農耕王朝から海洋文明への軽蔑の念は終始止むことがなく、明と清の時代の400年という長い海禁時代に入ると、この東方の古い國は海と日々疎遠になっていた。

p44 海底沈船 中國の“大航海時代”を復元する

作者/司徒尚紀 許路 鐘言 撮影/李浜 など

史料の大半が紛失、損傷して、史學者たちは中國における海の歴史を感嘆している。 近年、水中の考古活動により、海の扉を開くことができた。海底で眠っていた多くの古代沈船は貴重な鍵のように、中國大航海時代に遺失した歴史の寶蔵を開いてくれた。

作者/梁二平

中國ではかつてたくさんの航海家がいた。古代の先進的な造船技術や、海図及び大量な貿易記録がそれを物語っている。ただしその中でも唯一、永遠に朽ちることのない航海家は鄭和である。歴史に名を殘さなかったほかの航海家たちとは違い、鄭和は中國古代航海事業の代表格といえる。にもかかわらず、彼ほどの偉大な人物が伝統文化、黃土文化、農耕文化に扼殺され、中國の航海文明と共に隠されていたのである。

p82 疍家人 七千年前から放浪してきた中國海洋民族

作者/藩菁 許桂霊  撮影/楊威勝 など

中國文化はずっと昔から「農耕文明」の代表で中國人は「大陸民族」と見なされてきた。中國の「疍家人」と稱された人々は、數千年の歳月の中で代々海洋を生かした生活をしてきた。しかしその一方で、彼らは「暈陸」(長い航海を経て上陸すると、地面が波のように動いていると錯覚する現象)になりやすいという一面もあった。筆者は好奇心を感じて、疍家人の生活を體験しに現地へ。そこで意外な海の秘密を発見することができた。

第2部:南沙日記

海に面して、溜息

2009年4月より弊誌編集部は、水中カメラマンと記者で結成した隊伍を組織して、數回にわたり中國最南の地である南沙群島へ。彼らは何度も島へ上陸し、その都度海底に潛っては調査を繰り返した。海上、水中調査の結果、彼らは南沙群島に眠る秘密を発見した。その報道によると「南沙群島にはそれ以上ない美しさと豊富な石油資源がある。南沙群島は中國にとって最も重要な存在で、中國の波斯灣ともいえる。しかしそこの現狀は悪く、非常に殘念だ」と語った。

108中國最南端曾母暗沙に到著

作者/単之薔

146 占領下の自然美、弾丸礁

作者/単之薔

164 南康暗沙:ここで珊瑚礁海洋生物國家公園を建てることができる!

作者/単之薔

184 いざ、青い海底に潛る! 南沙漁船での二週間

作者/呉立新

第3部:海軍と領海権

領海権の痛み

古代の中國は優れた航海技術で四海を縦橫していた。かつての東アジアと南アジア地域において、中國は圧倒的な領海権を保持していた。しかし、領海権をめぐる競爭が激化していった五つの世紀を経る過程で、中國が持つ領海権は次々と失われていった。各列強に虐げられ、割譲。近代中國の屈辱と苦難の原因は、領海権を失ったことにこそある。再び領海権を取り戻すことは、海洋大國である一方で海洋強國ではない我々民族の悲願なのである。

p208 中國の制海権はどのようにして失われていったのか

作者/蕭春雷 寫真と図面の提供/陳悅

p234 北洋海軍の経緯

作者/薩蘇 撮影/姜林偉

p250 航空母艦の製造はなぜそんなに難しいのか

作者/崔鉄亮

4部:海洋牧場

海洋財産の限界 漁業地の哀傷と希望

海岸に立って海を眺望しても我々の目には何も見えない。半世紀以來、中國は魚を亂獲し過ぎた。そのため近海に生息する魚の生態系は、すでに何度も変化してきたことがわかる。もはやほとんどの魚場に魚はいない。鮑、海鼠、車海老などの海産物は、養殖でますます値段が安くなる。現在推進中の「海洋牧場」計畫が、この海を魚の豊富な地域に戻せるかどうか、我々は目を凝らして見守っていたい。

p260 フウセイからマアジ:わが國の海洋経済の変遷

作者/蕭春雷

p280 専門家の激しい論爭:海と陸地,生産力はどちらか高いか!?

p284 海洋牧場:中國人にとって未來の食糧庫

作者/方昆

p306 昔ながらの海の珍味、流れ作業のラインに

作者/李鵬飛 撮影/吳立新など

第5版塊:中國海岸

海と陸が交わる地域 人と海の関係

波浪、潮汐、地穀運動、地質構造、海流、海水面変化、海に注ぐ川水、生物などの要素は、海岸の変貌に関係があるとみられている。これらの要因によって豊かな海岸地形は作られたのだ。しかし人類の動きにより、海岸はますます変化していく。

p320 海岸とはどこか

作者/張茵

p326 基巖が海岸を浸食、曲がった海岸線

作者/張茵

p330 斷層海岸 険しい海岸線

作者/張茵

p334 海岸に積み重なる土砂 どこまでも続く平坦な海岸線

作者/張茵

p344 潮汐中的綠洲潮汐の中のオアシス

作者/張茵

p354 海岸線の変化

作者/張茵

第6部 中國の島々

星の數ほどある島々

広大な中國の海に、島々の數は一體いくつあるのだろう。おそらく、この問いについて答えられる人は極わずかであろう。なぜなら、長い間多くの人々は海岸をなおざりにしてきたからだ。多くの島々が人の手によって、歴史から姿を消していった。

p366海洋がつくった美しい伝奇

作者/范欽恵 撮影/斉柏林 など

p378 海南島は國際的な観光地になれるのか

作者/陳旭 撮影/蘭建瓊

p388 崇明島、成長続く砂の島

作者/曾進 撮影/秦智遠 など

p402 中國人の島々に対する意識はなぜそこまで薄いのか

作者/曾進

関連がある情報
中國國家地理雑誌 月刊
1950年1月創刊 毎月7日出版

社長?編集長:李栓科
常務編集長:単之薔
社長助手:才華燁

編集部のメールボックス: 該E-mail地址已受到防止垃圾郵件機器人的保護,您必須啟用瀏覽器的Java Script才能看到。
TEL:010-6486 5566-376
會員ホットライン:010-64879277
FAX:010-64859755

國內統一刊行コード:
CN11-4542/p
郵便コード:2-806

購読こちらへ

最后更新于 2010-10-28 17:52